• T2. Th7 15th, 2024

皇室

  • Home
  • 紀子さま…「恥ずかしくて生きてられない」

紀子さま…「恥ずかしくて生きてられない」

佳子さまはペルー訪問のため欠席し、愛子さまも参加しなかった中で注目を浴びたのは、雅子さまの美しく気品あふれる佇まいでした。内情に詳しい皇室ジャーナリストは、次のように述べています。「通常ガニ股で大股開きのみっともない姿勢を見せることが多いキコさまとは対照的に、雅子さまは常にピンとまっすぐで美しい姿勢を保っています。鹿児島市鴨池港フェリーターミナルに到着し、垂水港に向かうときにお出迎えの方たちにあいさつをなさいましたが、そのときの姿勢が感動的というくらい美しかったです。

岸田首相が 「突然の拒否」 紀子呆然 狂ったように泣く…お前はもう終わりだ!

岸田首相による愛子天皇実現への動きが、水面下で着実に進展しているようです。特に週刊誌の「女性セブン」が詳細に報じており、2023年10月5日号では、「愛子さま女性天皇へ!岸田首相が動いた」というタイトルの記事を公開しました。記事では岸田首相が9月13日の改造内閣の発足の記者会見で、「女性ならではの感性共感力を充分発揮していただきながら、仕事をしていただくことを期待したい」と宣言したことや、過去最多タイの5人の女性閣僚が起用されたことが、愛子天皇実現の布石とされています。

秋篠宮ご夫妻は帰れ!! 衝撃のプラカードに ! 紀子さま激怒!!

恐怖、キコさまのエア会話 また、この他に、現在ネット上では、キコさまが突然宙に向かって語りだす、英会話ならぬ、「エア会話」が話題となっているようです。 こちらの写真では、秋篠宮殿下はともかく、一見キコさまは、しっかり歓談し、いかにも仕事されているような印象を受けるのですが…

【速報】 ペルーの新聞の嘲笑 世界中から笑われる佳子さまが青ざめる

佳子さまの胸元はだけ衣装に批判殺到 また、今回の佳子さまのペルー訪問では、異様なほどに、胸元のはだける衣装が話題となり、5ちゃんなどのアダルトサイトにも転載され、悪い意味で、話題となってしまいました。 佳子さま、あまりにも胸元が無防備すぎる

日本が断固拒否したスワップ協定に対して韓国民のとんでもないコメントに絶句

通貨危機に陥ってしまったK国は、そのピンチをアメリカとのスワップによって乗り越えようとします。さらなるスワップ協定を目指して日本にもすり寄るK国でしたが、日本にスルーされて実現しませんでした。それもその筈で信頼関係が大切になる通貨スワップですから、日本がK国を相手にするはずがないのです。

【外国の反応】「もう一度助けて」隣国が最大級の通貨危機に思わず泣きつく!

麻生太郎氏が隣国から通貨スワップ協定の再開を求められた際に激怒したことはご存知かと思います。その麻生太郎氏の意思を受け継いでいるのが茂木外相です。なかなか激しい性格であることで有名で、政界ではあまり評判が良くないのも事実ですが、政治では物事をはっきり言える人間は必要不可欠です。その点、茂木外相は頼りになるのではないでしょうか。そしてこの「通貨スワップ協定」ですが、これは各国の中央銀行が互いに協定を結び自国通貨危機に陥った際に通貨預入と引き換えに予め取り決めした為替ルートで、相手国の通貨を融通してもらえるという国同士の約束事です。

【外国の反応】隣国がついに真実に気がつく!日本は何度も救ってくれた味方だった!

1997年に起きたアジア通貨危機は隣国の人々の生活を一変させてしまいました。タイから始まったアジア通貨危機が飛び火した隣国は急速な外貨流出に直面しました。欧米の銀行が次々と隣国を見捨てて撤退をしましたが、日本は最後の最後まで踏みとどまって隣国を支援し続けました。しかし、その後アメリカの財務省から「隣国の経済は国際機関でやるから日本も一時撤退しなさい」という通告を受け、日本は隣国から引き上げることになりました。

【外国の反応】度重なる隣国の債務不履行!当然信用を失いみずほ銀行が隣国への貸し出し額を大幅減!

隣国が国際的に信用がない国だということは誰もが知っていることだと思います。なにしろ日本が後ろ盾にならないと貿易もできないほどですからね。いい加減おんぶに抱っこは卒業して欲しいですよね。一応先進国を名乗ってるのに何とも思わないのでしょうか。そんな隣国に対して、ついに日本の銀行が愛想をつかし始めたようなのです。今回はその話題についてご紹介していきます。

【外国の反応】騙されていたドイツ、ついに隣国の少女の像が撤去!!

隣国メディアは「ドイツ中部の州立カッセル大学の敷地内に設置されていた少女の像が撤去された」と報じました。2022年7月に同大の学生たちが、ドイツの隣国系市民団体と連携して像を設置していました。隣国メディアによると、学生たちは大学の許可を受けて像を設置しましたが、学長側が2022年9月に撤去するよう通知しました。隣国系市民団体「コリア協議会」は撤去通知について、「日本政府が撤去要求したためだ」と主張していましたが、大学側は声明で「設置の期限が終了したためだ」と撤去理由を説明しました。しかも像の展示期は当初の予定より7ヶ月延長されていたのだそうです。

【外国の反応】隣国前大統領が移住!?最低最悪の独裁者の末路とは•••

隣国の大統領がかわり隣国の政権にも大きな動きがありました。これは隣国にとって良かったのかどうなのか分かりませんが、少しはまともな国になってくれると良いですよね。ユン大統領はどんな人物なのかと言うと、基本政治思想は反共主義、保守主義とされていて、偏った政治思想を極度に強調した事はありません。ユン大統領は、「反日主義を提唱した事はなく、歴代の隣国大統領の中では、日本に対して好意的な大統領です。

韓が日本に屈服 日本 譲歩せず!

視察団団長の劉国熙(ユ・グクヒ)原子力安全委員長は空港で15分間ほど続いた取材陣との問答で「2021年8月から原子力安全技術院(KINS)専門家でタスクフォース(TF)を設けて検討した内容に基づき視察した」とし「ALPSとALPSを通過した汚染水を測定するK4タンク、K4タンクから出た汚染水を移す移送設備、希釈・放出設備、放射能化学分析室などを点検した」と説明した。東京電力の放出設備と計画に対する安全性を評価する日本原子力規制委員会についても「評価現況などを把握し、使用前に検査をすることが多く残っていることを確認した」と伝えた。

【外国の反応】日本ついに反撃 青ざめる韓国民

靖国神社に合祀された韓半島(朝鮮半島)出身の軍人・軍属(軍務員)の遺族が故人を合祀対象から除いてほしいとして日本の裁判所に提起した訴訟の控訴審でも原告の遺族が敗訴した。 東京高裁は26日、合祀者の遺族27人が2013年10月に提起した靖国合祀取り消し訴訟で原告の要求を棄却した。裁判所は「原告の要求を棄却する」とし「訴訟費用は原告側が負担する」と明らかにした。

韓国で妄想爆発耳を疑っ主張展開

韓国で「日本を超えた」のウラで… 韓国では「日本を超えた」「先進国になった」などと叫んでいた時期もあったが、いまではその様相は正反対になっている。 韓国から日本に旅行する韓国人が急増しているのはもちろん、最近では韓国内でも日本製品が品薄になるほど大人気で、やはり「日本最高」「やっぱり日本製はすごいよね」「韓国が日本を超えたは間違いでした」となっているのだ。

ついに 停学処分 紀子さま絶叫 !!

校門を出て、目の前にある坂を下っていき、数百メートル先に目立たないように待機している車に乗り込まれる。これが悠仁さまの筑波大学附属高等学校(以下、筑附)からの下校のご様子だ。