• T5. Th4 18th, 2024

岸田首相が 「突然の拒否」 紀子呆然 狂ったように泣く…お前はもう終わりだ!

Bymhmedianews1@gmail.com

Th12 4, 2023

岸田首相による愛子天皇実現への動きが、水面下で着実に進展しているようです。特に週刊誌の「女性セブン」が詳細に報じており、2023年10月5日号では、「愛子さま女性天皇へ!岸田首相が動いた」というタイトルの記事を公開しました。記事では岸田首相が9月13日の改造内閣の発足の記者会見で、「女性ならではの感性共感力を充分発揮していただきながら、仕事をしていただくことを期待したい」と宣言したことや、過去最多タイの5人の女性閣僚が起用されたことが、愛子天皇実現の布石とされています。

さらに、記事では愛子さまが大学を卒業されるまでに女性天皇実現までの道筋をつけることが急務であるとも報じられています。岸田首相は今年2月に安定的な皇位継承を確保する方策について、「先送りの許されない課題」と位置づけ、「国会における検討を進めていく」と述べており、今後は法整備が急ピッチで進むとみられています。また、先週発売された「女性セブン」では「愛子さま天皇実現“来春決着”極秘協議」というタイトルの記事が掲載されています。記事によれば、岸田首相は現在の政権支持率低下を克服するために、皇室典範改正を進めようとしているとのことです。

さらに上皇陛下も愛子天皇の実現に積極的に協力する姿勢を示していると報じられています。全国誌の政治部記者は「岸田首相は背水の陣を張っている」と、次のようにコメント。「岸田内閣の支持率は極めて低い状況にあります。一部では支持率が2割台まで低下しているとする調査結果も出ており、改造内閣が成立した9月以降、女性の活躍をうたいながらも副大臣や政務官のポストに女性がいないといった時代錯誤な姿勢に対する批判が相次いでいます。増税策への反発から「増税メガネ」なる揶揄を浴びせられるなど、岸田氏は厳しい戦いを強いられています。慌てて減税案を提案したもののその後の反応は芳しくありません」岸田氏の自民党総裁の任期は来年9月までとなっており、その前に衆院解散や総選挙のタイミングを見極めるべく奮闘していますが支持率の急落に苦しむ状況が続いているようです。

 

https://youtu.be/NQTwaFo_6Gg

「このような低い支持率が続けば解散総選挙を打てずに行き詰まり、来秋の総裁選での再選など夢のまた夢-窮地に追い込まれていると言っていい。物価高で国民の不満は募り、経済対策もうまくいかず、外交もいいところなし。そんな岸田首相が起死回生の一手の「奇策」として繰り出したのが、安定的な皇位継承をはかるための『皇室改革』なのです。これだけは菅義偉前首相も安倍晋三元首相も、成し遂げることができなかった難しい舵取りにはなりますが、国民の関心事である皇室改革をテーマにできれば総選挙にも打って出られる、という大どんでん返しのそろばんを弾いているのではないでしょうか」皇室典範では、「皇位は、皇統に属する男系の男子たる皇族が、これを継承する」と定められています。したがって、現在の皇室において、皇位継承資格を有しているのは秋篠宮さま、悠仁さま、常陸宮さまの3人しかいません。「87才の常陸宮さまはご高齢で、秋篠宮さまは陛下と同年代実質的に、次代の皇位継承者は悠仁さまただおひとりという非常に不安定な状態です『万が一』がいつ起きるとも限りません。

安定的な皇位継承については一朝一夕に解決する難題です』未来永劫、安定的な皇位継承を続けていくためには、大きく分けて2つの方策があります。ひとつは旧皇族とその子孫に当たる、皇統に属する男系の男子を養子縁組などの形で皇族に復帰させるというもの。「男系男子」とは天皇の血筋を父方から受け継ぐ男性のことを指します。自民党内の保守派議員やその支持者層には、「旧皇族に属する男系男子の皇族復帰案」を支持する声が少なくないです。ただし、該当する旧皇族側がこの案を必ずしも肯定的に捉えているわけではありません。「皇族復帰など、とんでもない」と困惑し、及び腰となっている旧皇族男子もいるそうです。菅官房長官時代には内々にヒアリングが行われ政府もその内情を把握しているとのことです。国民の側も、皇族に復帰した民間人に対してどれだけ敬愛の気持ちを抱けるかには疑問が残ります。

もう一つの方策として挙げられるのは、女性天皇・女系天皇を認めるというものです。天皇の血筋を父方から受け継いだ女性の天皇を「女性天皇」母方から受け継いだ場合を「女系天皇」と呼びます。これまで天皇家は一貫して男系男子によって継承されてきましたが、「万世一系」という男系維持の観点から女系天皇には強い反対の声がありました。しかし、近年では「女性天皇』に対して風向きが変わってきています。上皇ご夫妻が生前退位の際には、皇位継承についても気にされており、女性・女系天皇の実現についても考慮されていたとのことです。政府側は上皇ご夫妻は女性天皇容認に異を唱えられることはないだろうと認識していました。岸田首相も麻生氏も女系天皇容認には反対の立場を取っていますが、女性天皇についてははっきりとした立場を示していません。「男女平等が標榜される一時代において、男系である女性天皇までも否定する正当性があるのかどうか。自民党内でも女系天は難しいけれど女性天皇なら・・・・・」という意見が増えてきています

以上が1つ目の記事の内容です。すでに上皇陛下も岸田首相も愛子さま即位に対して非常に前向きな姿勢を示している以上、秋篠宮家の立場は追い込まれているといっても過言ではありません。反対しているのは悠仁さまを天皇に即位させたいと願うキコさまお一人ですし、さすがに法改正の議論が巻き起こりそうですね…。

では2つ目の記事に移ります。さて、小室圭さんと眞子さんを巡る注目の焦点は、引っ越し問題にあります。これまでニューヨークのヘルズキッチンの高層アパートで生活してきた二人が引っ越し先として検討しているのは、ニューヨーク郊外に位置する2億円の『白亜の豪邸』だと『女性セブン』が報じました宮内庁が特に注視しているのは引っ越し先だけでなく、その理由や間取りにもあります。報道によれば、「共同住宅での子育でには泣き声やトラブルの可能性があるが3ベッドルームに2バスルームの邸宅での子育てならそのリスクが低減できるとされています。物件の豪華さとは別に、子育てを重視して物件を選んでいる印象です』との評価もあります。現在圭さんは法律事務所まで歩いて通勤していますが、この物件に引っ越す場合は車での通勤が考えられるそうです。一方で、地元の総領事館や宮内庁は夫妻に関する情報収集を続けており、セキュリティの観点から引っ越しに伴う新たな対応が必要になる可能性もあるとのことです。

以上が2つ目の記事の内容です。自由を求め、小室夫妻は日本国民を裏切って去っていきました。彼らの移転先やその決断に、なぜ宮内庁が興味を抱く必要があるのか違和感を覚えますよね。総領事館や宮内庁が夫妻についての情報収集を行うのは主にセキュリティの観点からでしょう。引っ越すとなれば新たな対応が必要になりますが、そのための支援資金が法的に認められているのか疑問です。そんな最近の皇室事情ですが、続いては昨年悠仁さまが筑附高に入学した当時の出来事を振り返ってまいります。さて、悠仁さまの入学式は、4月9日の10時から体育館で行われました。担任の先生が一人ひとりの名前を呼び、「秋篠宮悠仁」と呼ばれると「はい」と返事をしたといいます。現在、悠仁さまは皇位継承順位2位の男子皇族。皇室典範の通りにゆけば、将来の天皇となる人物が、初めて学習院以外の高校に入学したことになります。しかし、多くの国民が気になったのは、沿道に集まった野次馬の数でしょう。

Leave a Reply