• T2. Th7 15th, 2024

【外国の反応】隣国前大統領が移住!?最低最悪の独裁者の末路とは•••

隣国の大統領がかわり隣国の政権にも大きな動きがありました。これは隣国にとって良かったのかどうなのか分かりませんが、少しはまともな国になってくれると良いですよね。ユン大統領はどんな人物なのかと言うと、基本政治思想は反共主義、保守主義とされていて、偏った政治思想を極度に強調した事はありません。ユン大統領は、「反日主義を提唱した事はなく、歴代の隣国大統領の中では、日本に対して好意的な大統領です。

https://youtu.be/YFCUkFI9C7U

ユン大統領夫人のキム・ゴンヒさんの名前もよく聞き、夫人は、ファッションリーダーと呼ばれているらしいです。それに美人だという事でも話題になっています。ユン大統領のお父さんも、日本には好意的で、日本語も堪能で、日本の学者たちとの交流も面識がありました。とてもユン大統領は日本には好意的ですが、今まで無理矢理、反日反日と言っていたのに、急に好意的になったら国民も切り替えが大変かもしれませんね。現在は結構ちやほやされているみたいですが、何年後かに今までの大統領と同じような道を歩んでしまうのではないかと少し心配です・・・。現時点の隣国の国内の反応を見ると、ムンジェイン氏の時よりかなり穏やかな感じみたいです。

政権交代直後と言うのもあるかもしれませんが、今までの政権がおかしかったから、それに対して不満を持っていた国民に別のものが提示されたので、精神的に麻痺しているのかなという感じなんでしょうね。どうせ隣国国民の事ですから、すぐに文句ばっかり言い出すに決まっていますし、そして隣国の飽きやすい国民性を考えると、5年後に革新派系の大統領が選出されるという流れになるんでしょうね。ところで、前大統領のムンジェイン氏は今何をやっているのでしょうか?ムンジェイン氏は既に騒動を起こしているようで、ムンジェイン氏は大統領を辞めても悪い意味で注目を浴びているのです。

ムンジェイン氏は退任後に隣国東部のヤンサン市に移住したようです。ヤンサン市は釜山の近くにある都市で、人口30万人のベッドタウンです。とても便利であり、自然も多い場所らしいです。退任前のインタビューでは「静かに暮らしたい。」や「猫と一緒に過ごしたい。」など言っていました。ですが、こんなことを言っていたくせに、やらかしているのでやはり腐っていますね。こんなことだろうとは思っていたので、驚きはしませんがもう少しまともかと思った自分が笑えてきます。ですが、ある意味期待を裏切らないですね。ムンジェイン氏は盧武鉉元大統領をかなり慕っていて、ヤンサン市への移住も退任後の盧武鉉氏のやっていた事と被って見えるのです。

盧武鉉氏は退任後は、釜山の近くのキメ市に移住していて、そこで詩を描いて農作業をしたりして穏やかに過ごすことを希望していました。そして問題のヤンサン市なのですが、ムンジェイン氏が5月10日に到着した時、ムンジェイン氏の支持者たちが歓迎したらしいです。そんな支持者たちと一緒に農作業をしたり、マッコリを飲んだりしたいと支持者たちに話したらしいです。大統領を辞めてまで支持者たちと何かをしようとするなんてよっぽど寂しがりなのか、1人じゃ何もできないのかという感じですね。それにしても盧武鉉氏もムンジェイン氏も農作業がよっぽど好きなんでしょうね。それにしても、今まで不自由なく過ごしてきた人がいきなり肉体労働ができると思いませんよね。

ムンジェイン氏はそういう夢の隠居生活について語ったのですが、実際のところは最初から騒動で始まりました。大統領を退任したとは言っても、「ムンジェイン氏の支持者と支持者じゃない人たちの間には、いまだに対立が残っているみたいです。大統領を辞めたならもうどうでもいいと思いますが、それだけムンジェイン氏が世間に与えた影響力というのはそれほど大きかったってことですよね。ヤンサン市からは少し離れますが、隣国中部のテグ市では、ムンジェイン氏の退任をねぎらう横断幕が掲げられたらしいですが、横断幕にあったムンジェイン氏の顔に赤い塗料がぶっかけられたらしいです。

Leave a Reply