• T2. Th7 15th, 2024

“宮内庁から 電撃発表… 異常事態が発生し”

Bymhmedianews1@gmail.com

Th6 23, 2023

 

上皇ご主妻に関する話題をお届けします。ここからは一部引用を含みます。さて、上皇ご夫妻は5月16日に京都三大祭りのーつである「葵祭」を鑑賞されましたこの祭りはしばしば「王朝絵巻」と称され、平安時代の装束を身にまとった人々による一種の「仮装行列」と見られることがありますが、実際には単なる「見せ物」ではなく、天皇や皇室と深い関係を持つ歴史的な意義を含んでいます。内情に詳しい皇室ジャ-ナリストは、次のように述べています。「上皇ご主妻による鑑賞も単なる観光ではなく、その背後には特別な:史的な意味があります。葵祭は「賀茂祭」とも呼ばれ、京都の石水祭や奈良の春日祭と共に『三大勅祭」と呼ばれているお祭り。勅祭とは、辞書によれば「勅命によって行われる祭り」と定義されています。天皇が「勅使」を派遣するのは古くからの伝統であり宮内庁によると毎年天皇陛下がるを勅使として派遣されているとのこと。

 

勅使は下鴨神社や上賀茂神社にて行われる「社頭の儀」においてご祭文を奏上します。掌典とは、祭祀を担当する内廷の職員であり、宮内庁の公務員ではなく天皇家の私的な職員として扱われています。実録によると、昭和天皇は朝食後仙洞御所の庭を散策された後、午前9時57分に京都大宮御所を出発し、建礼門観覧席の前に臨まれました。会の参加者である猪熊兼繁氏から説明を受けながら、葵祭の列を観覧されたとのことです。猪熊兼繁氏は当時京都大学の教授であり昭和天皇に説明をさた方。兼勝氏は「葵祭列保存会」の前会長でもあります。猪熊家は元々京都の旧家でありながら、応仁の乱で焼け出されで四国に移住し、後に京都に戻ってきたという歴史を持つ一族。さらに「有職故実」と呼ばれる朝廷や公家の礼式や行事を研究する「家学」として受け継いていますね。ちなみにこの葵祭は平安の上皇たちも観覧してたみたいです。久禮準教授によれば、後期平安の白河上皇や鎌倉時代以降嵯峨上皇が敷を設けて葵祭を楽しませてもらった例があり、退位後に上皇が行列を見ることは頻繁に行われていたとも。連絡と受け継がれるこ公務ですが、上皇ご夫妻はどのようなお気持ちでいたのか気になりますね」

以上が1つ目の記事の内容です。葵祭の歴史を解説するのは素晴らしいことですが、時期が自然ではないですよね祭り直後か来年の祭り直前の方が適切だったと思います。また、平安時代は葵祭の観覧が都の人々の最大の娯楽とされており、当時の上皇も多くの観客の一人として集中的に見られていました。すでに上皇ご主妻、特に美智子さまはご隠居されたんだから、あまり表舞台に出てほしくはないですよね···。

では2つ目の記事に移りますさて、秋篠宮さまは5月23日山口県宇部市を訪れ、日本動物園水族館協会の通常総会に参加されました。この総会には全国の動物園長や水族館長など約130人が出席秋篠宮さまはあいさつで、「動物の福祉といったさまざまな課題の解決に取り組んでいただきたい」とコメントしています。内情に詳しい皇室ジ-ナリストは、次のように述べています。『近年、秋篠宮さまに関してはカピバラ食いの騒動などが話題になりました。ネットニュースのコメント欄には、「カビバラを食べる皇族が偉そうに公務に出るなんて」といった厳しい批判的な意見も書き込まれています。また、ジャーナリストでユーチューバーの篠原常一郎氏がカピバラ食べの騒動について告発して以来、秋篠宮さまの動物関連の公務では帰れというコールがしばしば行われてきました。

昨年の授賞式では、「カビバラを食べるような犯罪者が、このようなおめでたい授賞式に現れるなんて!」という批判の声が広がり、最終的には「カピバラを食べるような奴は出てくるな!今すぐ帰れ!」というコールが一部から始まり、会場内が一気に大合唱となったくらいですからね。そんな過去のつらい経験から、今回の日本動物園水族館協会総会では、もしもヤジが飛んだ場合にすぐに対応できるよう、通常の3倍の警備員が配置されたようですそんな過去のつらい経験から、今回の日本動物園水族館協会総会では、もしもヤジが飛んだ場合にすぐに対応できるよう通常の3倍の警備員が配置されたようですまた、会場内では厳格な人場制限が行われ、出席者の身分確認が徹底的になされたとも。このように厳戒態勢のもとて行われた日本動物園水族館協会総会ですが、予想外の事態が起きたのです。

当日、現場では「秋篠宮殿下に対して帰れコールを行わないでください」という宮内庁の異例の呼びかけがなされました。さらに出席者の選定も慎重に行い、ネット上での過去の発言や行動を細かくチェックまでする徹底ぶり。反秋篠宮の立場をとる人々は出席を断られる状況でしたよこうした対応については、これまでの経緯を考慮すればやむを得な措置と言えますが···。その一方で、言論の自由が侵害される恐れも指摘されています。会場内では異例の呼びかけとして「帰れコールはしないでください」というアナウンスが行われ、この呼びかけには会場の重要人物たちも苦笑いしていましたからね。主催者側の努力もあり、今回の日本動物園水族館協会総会では秋篠宮殿下に対する「帰れコール」は起こらず、何とか公務を平穏に終えることができたようです。しかしながら、毎回秋篠宮家に対するヤシ対策を行う手間をかけてまで、公務に招待する必要があるのかといった疑問も起きれているようです」

以上が2つ目の記事の内容です。例のカビバラ問題が社会的に注目を浴びた際、同じ頃にある動物園職員から、現在の日本の動物園が抱える悪い状況についての告白がありました。
日本の動物園では動物の展示や飼育環境に問題が多く存在し、海外の園との協力体制が築けていないため、繁殖に関しても困難を抱えています。もし秋篠宮さまの総裁が単なる名ばかりであるならば、その存在意義は一体何なのでしょうか。動物園協会は国から支援金を受け取っているはずですし秋篠宮さまはその仕事に取り組むべきだと思いますよね。そんな最近の皇室事情ですが、愛子さまがご自身の成年会見にて、ご結婚観について言及されたことが話題を呼んでいます。続いてはそちらについて紹介いたします。

さて、3月17日の会見のなかで、愛子さまはご自身の結婚観について、次のように述べています。「結婚は、私にとってはまだ先のことのように感じられ、今まで意識したことはございません。理想のお相手については、特別これといったものはございませんが一緒にいてお互いが笑顔になれるような関係が理想的ではないかと考えております」このように、結婚は「まだ先」とお話しになっている愛子さま。大学も秋篠宮家の姉妹とは違って学習院すし、良からぬことを考える男子学生も少ないことが想定されています。そういった状況のなか、自民党内では驚くべき策も練られているようです。実は、愛子さまをはじめとする女性皇族と旧宮家男子の結婚を実現させようという声が、少なからぬ議員から出ているのです。

安倍晋三元首相は、2017年2月の有識者会議メンバーとの会食の席で『女性皇族が『旧宮家』の男性と恋に落ちて結婚し、男子が生まれたら万々歳なんですが』と話したと、週刊新潮により報じられていますまた、自民党の保守派国会議員によるグループ、『日本の尊厳と国益を護る会』は、次のような提言もしています。『旧宮家の男子について、了承いただける方には皇籍に復帰いただけるよう、また現皇族の養子か女性皇族の婿養子となられることがあり得るよう、皇室の改正または特例法の制定を行う』っまり、旧宮家の男子と女性皇族が結婚し、婿養子として皇族になるという方法を「護る会」は主張しているわけです。安倍元首相をはじめとした議員の方々は、旧皇族の男系男子が女性皇族と結婚すれば、国民も親しみを感じてくれるはずそのような思惑があるようです。このように毎日新聞の記者は述べていますこれまで上皇陛下も天皇陛下も、結婚のお相手はご自身の意思で選ばれてきました皇室の存続のために、愛子さまを特定の人物と縁組させる政略婚のようなことは、両陛下も望んでいらっしゃらないことでしょう。

以上が3つ目の記事の内容です。確かに秋篠宮家から天皇が出るのは許されないことだとは思いますが、それでも愛子さまのお気持ちを優先させてほしいというのも、

Leave a Reply